クラブと地形効果 - オンラインゴルフゲームスカッとゴルフパンヤ

ゲーム画面

ゲーム画面

ショット時の調整

各部名称

ゴルフクラブの種類

ラウンドに使用出来るゴルフクラブは14本までになっています。アズテックをどれほど遠くに飛ばすか、あるいは正確に飛ばすかによってウッド・アイアン・ウェッジ・パターで大きく分かれます。

ゴルフクラブとアズテック飛行距離

種類 ゴルフクラブ名 飛距離(y)(※) 特徴
ウッド 1W 230 アズテックを低く上げて遠くに飛ばす為のゴルフクラブ。1Wは別名ドライバーとも呼ばれます。飛距離はありますが、落下後のアズテックの転がりが大きいため目標の落下地点に正確にいきにくい。
2W 210
3W 190
アイアン 2I 180 アズテックを高く上げ、少し転がして目標の落下地点に正確に飛ばしたいときに使用します。
3I 170
4I 160
5I 150
6I 140
7I 130
8I 120
9I 110
ウェッジ PW 100 グリーン周りの「ラフ」からアズテックを上げてグリーンに乗せてたいときに使います。
また、バンカーからアズテックを高く上げてグリーン上に乗せるときにも使います。
パワーゲージが遅いので安定したコントロールで飛ばすことができます。
SW 80
パター PT 10〜40 カップまでアズテックを転がして入れるためのゴルフクラブ。

(※)パワー15の場合

アズテック打点変更

アズテック部分または、Ctrl+矢印キーで、上下右左とアズテックの軌跡を変えることができます。

アズテック打点と飛行軌跡

アズテックと地面

アズテックのある地面の状態によって、アズテックの飛距離や打球方法が異なります。

地形について

パワー係数イメージ アズテックのパワー係数 地面の属性 地面傾斜
80% 80% バンカー 左側傾斜
90% 90% ラフ 平地
100% 100% ティーまたはフェアウェイ 手前の方に登る

パッティング

パッティングの時には、アズテックを転がしてホールインさせるので、 グリーンの傾斜を把握することはとても重要です。
このページではグリーンの断面傾斜と表面傾斜を読む方法を表示しています。
グリーンのパッティングシステムを理解して正確なパッティングに挑戦しましょう!

パッティングの基礎

ホールカップとの間の距離を打球ゲージバーでもわかりやすく表示します。

右図の場合はカップとの距離が7マス(7ヤード)あるので、パワーゲージの該当部分が緑色になります。

グリーンの黒い点は、傾斜を表示しています。下記の図にはホールまでのグリーンの傾斜が上りであることを表示しています。

右図の場合はグリーンの傾斜が上りなので、予想地点より強くパッティングすることをお勧めします。

グリーン上の点線は各グリッドの真ん中にアズテックを置いた場合、点の位置分アズテックが転がることを意味します。
もし点が左側に傾いてたら、グリーンは左斜めになっているので、予想地点より少し右側を狙いましょう。

長い距離のパッティングについて

パンヤをプレイ中、グリーン上で傾斜と距離の関係から、現在のパターではパワーMAXでもカップに届かない!
・・・という状況に陥ったことはありませんか?

そんなあなたに朗報です!
実は、パターには2種類あります。

短い距離を打つ、ショートパット。長い距離を打つ、ロングパットがあるのです。
基本的に、グリーン上で選択されるパターは傾斜を考慮せず、単純にその残り距離に合ったものが選択されます。
そして、微妙にカップに届かないという状況に陥ってしまうのは、自動選択されるショートパットだからなのです。
そんなときは、マウスホイールか、Shift + →キーでクラブを選択してみましょう。
きっと、あなたを満足させるパターをチョイスできるはずです!

この距離と傾斜のときに、現在のパターのパワーをマックス状態にしても、カップまで届きません。

パターのコツ1

「マウスホイール」or「Shift」+「→」キーでクラブを変更します。

ロングパット用に変更したので、飛距離が伸びました。これで楽々カップにアズテックを打ち込めますね。

パターのコツ2


すべての人にインターネット
関連サービス